Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

偉業(?)達成!!

北海道の広大な大地を3000km以上も駆け回り、やっと帰阪してからも日本海側の豊岡・太平洋側の横浜と ドサ周りの旅芸人一座していたこの秋でしたが・・・
まだホッと一安心するには早かった (>.<)
ツアーのトドメに用意されていた公演の地は 位置も気候も真逆の島、何と沖縄でした。
もう12月に入ってしまいましたので、実は2週間も前の話なんですが―――色々と突発的な予想外の事が起こるもんなんですね、ずっとブログどころではありませんでした
まぁ、その辺のことは機会があったらまた記すことにして・・・

今年のツアーが始まる時、北海道へ降り立つ前に 『空港の周りは森と平原が広がっていて・・・』 と飛行機の窓からの写真をUPしました。
沖縄へ向かう便でも 偶然殆ど同じ位置の席だったんですが、あちらの場合はこうなります。

131117_1052~02

いや~、意味も無くテンション上がっちゃいますね(^^;)
別に観光でリゾート地へ、なんてシチュエーションでも何でもないんですけど・・・
実を言うと、長年これだけ日本中を回る仕事をしてきた僕ですが なんと沖縄上陸は初めてのこと
アルカディアの前身となる『ソル・ナシエンテ』というグループでも 北海道横断ツアーは経験していましたし、20年ほど前に所属していた『音楽工房』という学校公演専門の音楽グループでは 東北から九州まで全ての県で演奏をしていました。
シーズンになると“朝8時に八戸、現地集合”とか言われる、ムチャクチャな仕事でしたけど★
その明くる日は名古屋、次の日が秋田で続けて鹿児島なんていうことも珍しくなかったので、今回の飛び回り方は 何かちょっと懐かしくもあったりして
ともあれ、これでやっと日本国中 全県制覇達成!!という訳です~
プロになる前の夢は 「楽器を担いで旅をして、全国各地を演奏して回ること」 でしたから、考えてみれば有難いことです。
まぁ、ここまで叶えてくれんでも・・・って気もしますけど (^^;)

今回の沖縄は、地元の太鼓グループ「若太陽(わかてぃーだ)」結成20周年公演のゲスト。
あちこちで独特のリズムや スタイルの大きな違いに驚かされることもある太鼓の世界ですが、沖縄はやはり飛びぬけて文化の違いを認識させられる場所でした。
尤も本州の倭民族ではなく『琉球王国』だった訳ですから、根本から違うのが当たり前なんでしょうけど・・・
太鼓のリズムや打ち方も 実にバリエーション豊かで面白いんですが、舞台の“見せ方”が全然違うんですね
太鼓だけでなく必ず唄や三線・横笛などが入り、カラフルな衣装や踊るような所作と共に 『極彩色』 という印象を受けます。
全体的に、実に優雅で華やかなんですね。
暴れ舞獅子や「長崎くんち」のような龍が登場すると、もはや日本の芸能とは思えない (^^;)
やはりというか、地理的にも歴史的にも勿論そうなんですが 東南アジアや中国の匂いがするんです。
アンデス楽器との融合を図って 独自の音楽を作ってきたつもりでいましたが、いかに我々が「大和人(ヤマトンチュ)」の血を引いているかということを 改めて考えさせられるステージでした☆
あの中では完璧に純和風+異質文化として浮いてましたもんね・・・
でもそれだけに僕の楽器にも色々な方が興味を示して下さり、僕は僕で三線の弾き方や三板(さんば=手に持ってリズムを紡ぎ出すカスタネットのような楽器)、篠笛とも違う沖縄の横笛に 研究者魂を騒がせていたのでした
唄えや踊れの打ち上げが 終演後夜中の1時まで続いたのには流石に参りましたが・・・いや~、何かと興味深くて楽しかったです

今回は折角の初沖縄だったにも関わらず、明くる日の昼の便で神戸へ帰らねばならないスケジュールになっていました。
まぁ北海道や横浜でも 観光が出来た訳じゃなし、何処へ行っても同じ仕事なので仕方ないと 諦めも早かったのですが・・・
泊まっていたホテルから意外と近い、と前の晩に判明したのが かの有名な首里城。
チェックアウトから空港へ向かうまで2時間程しかなかったとは言え、余りにも勿体ないので 荷物を預けて向かいました。

131118_1015~01

もう北海道じゃ雪が積もってるってのに、道端にハイビスカスが咲いてる・・・けだし、日本は広いです
やってきました~、首里城

131118_1021~01

131118_1017~01

城の入り口にある外壁ですが、これは・・・? 切り出し方といい積み方といい、まるでインカの遺跡みたいですね
ちなみに上の写真で遠くに写っている海は―――何と、東シナ海です☆
まぁ考えてみれば当たり前なんですが、ついこの間オホーツク海を見ていた身としては・・・感無量と言うより、何か感覚がヘン (^^;)

写真 1

最後に、沖縄公演 選抜メンバーでの記念撮影です (注;天安門ではありません ^^;)
どうやら僕の先祖は南方系らしいですし、何かと合ってるかも・・・ゼヒまた来たいですね
スポンサーサイト
category
仕事・舞台
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。