Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

「相棒」 復活♪

・・・いや、別にそんなオオゲサな話でもないんですけどね
ブログを読んでくれた生徒さんやファンの方からも、「大丈夫なんですか??」と まるで僕自身の怪我を心配して下さるみたいに 問い合わせがあったりしましたので・・・ちゃんと御報告しておきます (^^;)
管が真っ二つに割れた!とかならともかく あんなヒビ程度なら、実はアロンアルファでもあれば 数秒で修理できちゃうんですよ。
ただ目視では殆ど判らないことが多いですし、楽器の構造上 例え針の先ほどの穴であっても空気が漏れていると全く鳴らなくなってしまうんです★
材料がそもそも割れ易い竹とか葦―――勿論可能性としては常にある危険ですので、コンサートの前には入念に状態チェックもするんですけど・・・
流石に舞台の上で割れてしまったんじゃ、出番までは音も出せませんので 気付かないという事になってしまうんですね~
何せ30年近くも愛用している上に 世界中を連れ回っている楽器ですので、今まで大きなトラブルもなく よく頑張ってくれてるもんだと思いますが。

サンポーニャ 2 web

サンポーニャという楽器については 以前にもブログで紹介しましたが、文化人類学的に見ても 最も古い歴史を持つと言われる笛で、世界中にその亜種が分布しています。
南米アンデスでも、3000年以上の歴史を持つケーナよりも更に古く プレインカ時代初期から存在していたようです。
大地の神“パチャママ”の遣いである「風」を司るとされ、ケーナと共に 特に神聖視されていた楽器なんですね

もちろん普通の楽器屋さんなどでは あまり扱われることのない存在ですが、コイツの魅力ももっと広く知って貰おう、と 最近ワークショップにも力を入れ始めています (^-^)
大人向けの竹を使った本格製作ワークショップは 過去にも何度かやりましたが、ノコギリやヤスリを使わなければならなかったり けっこう工作のスキルが必要になってくるんですね
元を糾せば―――まぁ単なる中空管の寄せ集めだったりしますし、演奏もケーナに比べれば比較的簡単☆
なので、子供向けでも出来るように 特殊なストローを使ったキットを作ってみました。

サンポーニャWS 1

何かちょっと 楽しそうでしょ?
組み上げるとこんな感じになります。

サンポーニャWS 2

北海道では小さな子供達を対象に催しましたが、ちゃんと演奏も出来ますので 大人でも楽しいかも♪
神戸元町にある「よみうり文化センター」では、この夏休みに小学生の自由研究や 工作用の特別セミナーとして開講される予定になっています。
大人でも受講OKなのかな・・・(^^;)
スポンサーサイト
category
音楽・楽器
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。