スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

北海道ツアー前半戦 ①

行ったり来たり、約2週間の行程を終えて ようやく戻って参りました
先週の月曜も 午前中に帰ってきて夕方には阿倍野のケーナ教室をこなしてましたし、ハードなスケジュールの割には 至って元気であります
まぁ、ツアーの間はイヤでもずっと良い子の早寝早起きでしたし、北海道では 普段より栄養状態もかなりいい筈なんで・・・そのお陰かな (^^;)

しかしいくら元気でも、北海道からいきなりのこの暑さには 流石に参りますね
今日は関西の気温も幾らかマシだったようで、気温差も10℃チョイぐらいのUPで済みましたが・・・
早いとこ身体を慣らさないと、じわじわ効いてきそうです★

昨日が前半最終日のコンサートで 岩見沢に居たってのも、何やら時間までワープしたようで 不思議な感じがします。
「そらち太鼓フェスティバル」には 道内から数多くの和太鼓と団体が集結し、一日中タイヘンな盛り上がりを見せていました
会場も岩見沢公園の中にある それはそれは巨大な野外音楽堂!!

130615_1334~01

写真は搬入からリハーサルが始まるまでの ごく僅かな時間にしか撮れませんでしたので、本番の賑わいは またどなたかにお任せするとして・・・(^^;)
目の当たりにした時の 圧倒される巨大感まではあまり伝わらないとは思いますが、あの北海道最大の大太鼓『カムイ』でさえ 小さく見えてしまうほどです

130616_0840~01

真ん中に陣取っているのがカムイちゃんですね
あの子だけ 他の大太鼓と違って、何故か巴紋が右回りに描かれているので 遠くからでもすぐにわかります。
しかしまぁ、よくこれだけの大太鼓が 一箇所に集結したもんですね
合計したら その重さだけでも何十トンになるんだか・・・搬入と舞台作りだけでも大変な労力ですが、実は主役カムイの搬入の時には 一瞬緊張が走りました☆
勿論事前に計算はされていたんでしょうけど、一段高く作ってある 箱馬と呼ばれる丈夫なひな壇が、カムイの余りの重さにメキメキと音を立て始め・・・
慌ててスタッフも総出で補強の板をかませたり バランスを取り直したりと、タイヘンな一幕でした

130616_0734~01

一応メンバーの淳が 支える役目をしているかのように見えますが、もし床が割れ カムイがバランスを崩して倒れるようなことにでもなったら―――重さで吹っ飛ばされて、何の役にも立たないことは明白です
カムイを台に載せるための専用鉄製リフトでさえ、数人の力ではとても動かせないほどの重さ・・・やはり並の大太鼓じゃありませんね~★

今回はステージ意外にも色々と面白いことがありましたけど、それはまたの機会に
オマケの画像は そらち太鼓フェスティバルの看板。

130615_1327~01


何故かいつもと随分バランスが違う気が・・・ (^^;)


 
スポンサーサイト
category
仕事・舞台

Comment

お帰りなさい!

渡部さん、お帰りなさい!

分割した日程の不思議なツアーが終わりましたね。

もしかして、秋もこんな具合でしょうか?

野外音楽堂、画像からも巨大な雰囲気は充分に伝わってきます!

ここは、情熱大陸のライブもされるところみたいですね♪

ホント…カムイが普通のサイズの太鼓に見えます(^^;)

巴が違和感あると思ったら、右巻きなんですね!

右巻きと左巻きで、何か意味があったり、表現していることが違うのでしょうか??

また、教えて下さい!

今回も、いろいろと面白そうなエピソードがありそうですね。

カムイの重みに耐えかねて、ミシミシ…と音を立てたという話は、背筋が寒くなりましたが、無事に終えられて、本当に良かったです!

北海道ツアー報告第二弾、第三弾…のアップを、楽しみにしています(^o^)♪


  • 2013⁄06⁄18(火)
  • 08:54

お陰様で

前半戦は無事終了しましたe-319e-454
長旅ですし、メンバー全員 怪我と病気だけには気をつけないと、ですね~★
秋にはまた一度帰ってくるというメンドクサイ行程が入ると思いますが、6月より長目ですし・・・
次はオフ日もある筈なので、何処かに寄れるといいなーと思います。
今回は結局 帰りの空港で30分ぐらい、オミヤゲ見る時間があっただけですから(^^;)
  • 2013⁄06⁄18(火)
  • 23:18

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/102-d0d81f81

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。