☆秋の本公演☆

例年になく長かった 今年の秋の諸公演も、昨日の神戸文化ホールを以って ようやく一段落を迎える事が出来ました
いや、本当はホームグラウンドである神戸文化ホールが 毎年の新曲発表・お披露目の場であり、次の年からのツアーも これが皮切り公演になる訳なんですが・・・
北海道各地のコンサートから豊岡公演を経て 舞台が殆ど休みなく続いておりましたので、何やらコレが本当の千秋楽で 今年の集大成みたいな気がしたりして (^^;)

今回のコンサートタイトルであり 新曲の題名にもなっていたのは 『不動の城』

人は城 人は石垣 人は堀  情けは見方 仇は敵なり

という、かの有名な戦国武将 「武田信玄」 が詠んだとされている句を コンセプトにしています。
どれ程の世界的大企業で 最先端の技術や収益を誇っていたとしても、それを支えているのは狭い部屋で一人 日夜研究開発に取り組んできた技術者だったりします。
豪奢な城や広い領土を持つに至ったとはいえ、それを支えてくれる人材をないがしろにする者に 城主たる資格は無い―――流石ですよね~☆
信玄の機知に富んだ戦略や 無敵といわれた騎兵戦力もさることながら・・・織田信長が本当に怖れていたのは、彼の背後に広がる人の厚みだったのかも知れません

曲の構成は三楽章からなり、それぞれ 「特徴ある民俗楽器で奏でるメロディックな世界」 「和太鼓の圧倒的なパワー」 「それが融合した音楽の完成形」 を表現したものになっています。
トータルの演奏時間は、何と30分近くにもなるという 前代未聞の大曲です
こりゃ、クラシックの交響曲並みですよね・・・『和太鼓シンフォニー』と銘打ってもいいかも♪
使う楽器の数といい 城郭をイメージして何段にも組み上げられたステージといい、文化ホール公演15周年を飾るに相応しい スケールの大きな舞台になってくれたと思います。
観に来て頂いたお客様も 有難い事に二階席まで埋まる大盛況で、愛知や三重・和歌山から、中には先日の豊岡から3時間かけていらした方もありました
更に今回、何と北海道から遠路遥々 ツアーを組んで観に来て下さったというスゴい方々が (^^;)
旭川や岩見沢でお世話になった 実行委員の方やファンの方々なんですが・・・これは本当に嬉しかったですね~
自分達が創り上げてきた『音楽』というものが無ければ、一生出会わなかったかも知れない人たち―――我々にとって、何物にも代え難い「ご褒美」です
 
今年は特に時間が少なかったこともあり 体力・精神力共にかなりのパワーを要しましたが、ギリギリまで新曲の構成も練り続けたお陰で 何とか好評価を頂ける仕上がりにまで持っていくことが出来たようです
ギリギリまでというと、普通は「数日前まで 色々やってたんだろうなー」とか思われるでしょうけど・・・
実は 前日のゲネプロ(総合リハーサル)でも、まだソロ部分など 細部の段取りがコロコロ変わったりしていました★
僕個人に至っては コンサート当日の直前リハでチャランゴの弾き方を変えたり、急に思いついて メイン曲に使うケーナを重々しい低いキーのものと交換してみたり
勿論 少しでも理想の音楽に近づけたいが為ではあるんですが、下手をすると曲全体のイメージも変えてしまいかねません
しかも―――笛を吹かない方には あまりピンと来ないかもしれませんが―――音程の違う楽器で同じ曲を演奏するということは、前日まで練習し暗記していた指使いが 根本的に変わる、ということにもなります  
まぁ何とか、良い結果を生んでくれたようですけど・・・
すみません めちゃめちゃ危ないコトしましたぁ (^^;)ゞ 
スポンサーサイト
category
仕事・舞台

Comment

遅くなりました…(^^;)

渡部さん!
文化ホール公演、素晴らしかったです!!

舞台の造りも、照明も豪華でしたね~。

「不動の城」というテーマも、15回記念に相応しいものでしたね。

30分近くに渡る新曲、すごくドラマチックで良かったです!!

当日のギリギリまで、そんなに大変なことだったとは思いもよらず…安心して楽しませて頂きましたよ(笑)。

アンコールの時に、渡部さんがドデカいサンポーニャ(きっと、別の名前がありますよね!?)を持って登場なさった時は、ひっくり返りそうになりました~!

もう、お腹を抱えて大爆笑でした。

あのアンコールで、メンバーが壊れる…いや、くだけた感じになるのが、大好きです。

今回の公演は、全身で受け止めながら聴きました。体中に、心の中まで染み渡りました。

ステキな演奏を有り難うございました!
  • 2013⁄11⁄07(木)
  • 08:07

有難うございました (^-^)

良かった・・・今回はあんまり気に入って貰えなかったのかなぁ、とか思っちゃいました(^^;)
曲も何とかドラマチックに仕上げられたのはいいんですが、舞台飾りも照明も豪華すぎて―――来年の北海道とか、他の場所で演る時にはどうするんだろ?って感じですねe-440e-330
因みに、アンコールの時に使ったデカいサンポーニャは「トヨス」といいます。
本来は2人で分けて演奏するものなんで・・・まぁ酸欠にはなるわ重たいわe-263

また聴きにきてくださいね~☆
今日はアマテラスの初合わせ、明日からまた神奈川です~e-443

  • 2013⁄11⁄07(木)
  • 23:56

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/120-53d9e376