スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

京の春

久々に京の都へ赴いて参りました
花曇りや花霞、春の雨を花しぐれと呼んだり 何かと風情ある言葉が多い時期ではありますが・・・
京都の「花冷え」は半端じゃないですね、真剣に風邪引くかと思った

大学でスペイン語を学んでいた頃は、よく帰りに哲学の道や嵐山あたりまで 気軽に足を伸ばしてみたりして・・・
時間もあったんですねー、京都にある有名な観光地や仏閣は 殆ど行き尽くしたという、贅沢な大学時代を過ごしました☆
あの頃は まだ地下鉄も一部しか開通していませんでしたので、河原町から先斗町を抜け 三条から上賀茂までバス通学という毎日。
先斗町には歌舞練場がありますので、そこへ通う舞子さん達とすれ違うこともよくありました。
雪の朝、近くの割烹料亭で働く板さんが粋に 「おきばり(頑張ってね)」 と声を掛けると 舞子さんが 「へぇ、おおきに~」 と真っ赤な蛇の目を傾けて応える―――なんて、映画のワンシーンみたいな風情に見とれて バスに乗り遅れたり (^^;)
4年も通っていたので まさに庭だったんですけどね~、流石に最近は訪れることも少なくなりました

名所古刹はもとより 和の小物を扱う店や風情のある喫茶店・民芸品店なども多いので、昔からとても好きな街です。
中でも一番のお気に入りで必ず立ち寄るのが、『民族楽器コイズミ』さん
世界中のありとあらゆる民俗楽器を扱っているお店で、勿論大学時代もよく通っていました。
僕の知る限りでは、ここより多くの種類の民俗楽器を揃えている場所は 他にはありません。
「ティプレの弦を・・・」 とか 「ドゥタールの駒なんですが・・・」 なんて言う客に 「あ、ハイハイ」 とすぐに応えて商品を出せるってのも、まずここだけでしょうね~ (^^;)

koizumi 1

店内はこんな感じ・・・僕みたいな人間は、見ているだけですぐに一日経っちゃいますね
何だこりゃ? どうやって演奏するんだろ・・・というような珍しい楽器も沢山ありますが、ちゃんと断りさえすれば 全ての楽器を触ることも出来ます。
まぁ高価なものや壊れ易い楽器もありますので、濫りに弾いていいというものでもありませんが★

koizumi 2

でも全ての楽器が 『ちゃんと生きている』 というのは、我々演奏屋にしてみれば とても嬉しいことなんです。
見るだけなら楽器博物館の方が 収蔵数も種類も多いと思いますが・・・原型を忠実に保存する義務があるとは言え、修理もされないまま飾ってある 二度と演奏されない楽器群というのは 何処か寒々しくて、見ていて何だか哀しくなってしまいます。
やはり楽器は弾かれて 音色で人を楽しませてナンボ、なんですよね

アルカディアで使う細々したパーカッションや 松村組で吹いている篠笛、ソロライヴで使ったカリンバなんかも、ここで買い求めました。
実は今回コイズミさんを訪れたのは、「アルカディアのCD、売り切れたので補充に来て下さい~」 という嬉しいお知らせを頂いたからなんですが・・・僕のアルバム“風の大地”と“天空の回廊”、二枚とも長年ずっと置かせて頂いてるんです (と、さりげない宣伝営業 ^^;)
寺町京極の一番北、もう堀川通りに出ようかという場所にあります。
ちょうど本能寺の斜向かいあたりですね・・・楽器が好きな方には掛け値なしでオススメの店ですので、京都へ行ったついでにゼヒ寄ってみてください

やたら冷えるな~と家路を急ぐ足は、木屋町でハタと止まってしまいました。
高瀬川に掛かる見事な満開の夜桜・・・やっぱイイですね、京の都 (^-^)

takasegawa.jpg
スポンサーサイト
category
自然・季節

Comment

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/127-f5ab5791

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。