スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

夏越祓

早いものでもう6月、年明けから半年が経とうとしているのですね~☆
如月、弥生、卯月、五月・・・と 風情のある名前が続いての 「水無月」
日本語と言うのは本当に美しい響きを持っているなぁと 改めて感じてしまいます
毎日雨ばかりの梅雨に入ろうとしているのに、何故水が無い月なの? とか思いますが・・・
これは旧暦の名前だからですね、一ヶ月ちょっと 季節の流れからずれてしまうんです。
元は 「水張月」 とも呼ばれ、田んぼに水を張る時期から来ているとも言われますね。
僕はどちらかと言うと 「雨を降らせ過ぎて 天に水が無くなるから」 という説の方が好きですが (^-^)

水無月といえば夏越祓。
「なごしのはらえ」 と読みますが、半年間の健康に感謝しつつ その間に身についた厄を落とし、新たな半年を無事に過ごせるよう神様に祈る 一年の大切な節目です。
時おり奉納演奏を頼まれることもある 古くからの神道儀式ですが、現在でも急な暑さで体調を崩す方が多い時候・・・昔は疫病が蔓延したりして、亡くなる方も多い時期だったのでしょうね

茅の輪

この時期に神社へ参拝すると、こういう巨大なものが据えられているのを目にします。
茅野輪(ちのわ)といいますが、ここを潜ることによって厄払いをする意味合いがあるんですね

原初の日本語で 「チ」 というのは、生命の根源となるエネルギーのようなものを指します。
血・父・乳・地など、今の言葉にも残っていますが、茅も生命力が強く チという同じ言霊を持つ植物ですので、それで作られた輪を通ることで 生命エネルギーの再生を願う、という訳です。
鳥居に据えられたものもありますが、正式には 正面から潜って左手へ回り、外側から戻ってもう一度潜る ⇒ 更に右側から戻ってもう一度潜る、という手順を踏みます。
次のような歌を詠みながら・・・というか唱えながら、3回潜るのが慣わしなんですね☆

「水無月の 夏越祓する人は 千歳の命 延ぶと言ふなり」

この夏を無事に乗り切れますように、という 古人の切実な祈りが伝わってくるようです。
なかなか深い意味を持った古くからの慣習ですし、神社にはお正月しか縁がないという方も この時期行かれてみては如何ですか? (^-^)
僕も至って健康なのには 常々感謝しておりますが―――別の意味で後の半年、生き残れるのか ちょっと心配ではあります
あちこち回ってみようかな・・・
スポンサーサイト
category
自然・季節

Comment

こんにちは(^_^)
水無月と言えば・・・和菓子の「水無月」をまず第一に思い浮かべてしまう食いしん坊のボンボです。夏越祓(6/30?)に食す菓子・・・ちょっと早めで先日の土曜日のお稽古(茶道)で食べました~(^0^)/
ハルカスのチケット完売おめでとうございますm(_ _)v
と~っても行きたかったのですが・・・宮仕えの身、都合がつかず、超残念です(TへT)頑張って下さい。御成功をお祈り致しますm(_ _)m

  • 2015⁄06⁄08(月)
  • 13:16

Re: タイトルなし

ボンボさん、いつも有難うございます (^-^)
またあちこちで企画頑張りますので いらして下さいね~e-420
水無月、買いにいかねば・・・v-356
  • 2015⁄06⁄09(火)
  • 00:57

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/148-7b05e318

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。