スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

大震災!!

宮城県沖でM8.8、観測史上最大という大地震が起きてしまいました。
亡くなった方や行方不明者も合わせると、1500人を越えるのは確実な状況です。

ニュースでも繰り返し報道されていますが、家や車がまるで紙で出来た玩具のように押し流されてゆくのは 何ともショッキングな映像でした。
高台に無事逃れる時間があった人は まだ幸いだとも言えるのでしょうが・・・自分達の生まれ育った街が濁流に呑まれて 瓦礫の荒野と化してゆく様を、息をのんで見つめるしかない気持ちは 察するに余りあります。
そして、目の前で何人もの人が流されていたり大規模な火災が発生しているのに そこへ近づくことすら出来ない状態で、救助に向かった方々も 断腸の思いで居られると思います。

地震大国であり 昔から津波の被害も幾度となく記録されてきた日本ですが、これほど生々しい映像として 危険性や悲惨さが世界中に伝えられたのは 初めての事なんじゃないでしょうか。
現地ではまだまだM6クラスの余震が続き、福島第一原発では チェルノブイリと同じ炉融メルトダウンの危険性も 今だに回避されていない状況です。
専門家ですら意見の食い違いや情報の交錯があるという時点で、これもリスク管理や基本対応はもちろん 設置場所・設計自体の疑問から原発の存在そのものまでが 再度問われるべき問題になっていると思います。

津波で壊滅状態になったあと あちこちで火の手が上がり、街全体が火の海になっている様は 16年前の阪神淡路大震災の惨状を思い起こさせました。
あの時は僕も被災者の一人でしたが、幸いにも水道やガスが止まる中での生活を 暫く余儀なくされた程度で、家財や身体にも深刻な影響はありませんでした。
まだ町中がコゲ臭い瓦礫だらけで 電車も途中の駅までの折り返し運転を再開したばかりの頃、神戸の保育園や教会などを激励演奏で回っていたことも 鮮烈に思い出します。
ちょうど同じ頃、松村組も誕生し 避難所での和太鼓演奏を始めていた訳ですが、本当なら今頃はメンバーと一緒に 福島県で太鼓フェスティバルに参加していた筈でした。
直前にこの大震災が起こり、まだこれほどの大惨事になっているという情報自体が 断片的にしか入ってこない中、結局出発の準備すら出来なかったのですが・・・。
フェスティバルが開催されるのかどうかなんて些細な問題以前に、当然現地に近づく事さえ出来なかった訳ですね。
でもほんの一日違いで巻き込まれていたのは確実ですし、知り合いが居る居ないに関わらず 過去の震災経験と共に決して他人事ではありません。
もしかしたら被災者の中には、我々の演奏を聴きに来て下さる筈だった方も 何人か含まれているに違いないのでしょうし。

これだけの大災害の中、仕事やボランティアなどで何らかの役に立てる人の方が 圧倒的に少ないのは当たり前なのかも知れませんが・・・例え微力だと判っていても、何か出来る事は無いのかと考え込んでしまいます。
こんなことなら現地に着いてから巻き込まれて、何が出来るのか 周りをリアルタイムで見渡せた方が良かったな・・・。
尤も、我々の演奏なんて 必要な段階でも何でも無いんですけど。
スポンサーサイト
category
雑記・日常

Comment

同じ生業につくものとして

胸の内お察しいたします。そして救助に向かわれた方の中にも、その最中に命を落とされたり行方がわからなくなっているなどと知ると、同じ国に住んでいながら、こうもなにも出来ないものか、と悔しい気持ちで一杯です。何もなければ、いつものように、素晴らしい演奏で、フェスティバルに集う日本各地からの太鼓打ちさん達と福島の方々と共に、喜びの一日を過ごせただろうにと思うと、胸が張り裂けそうです。
  • 2011⁄03⁄13(日)
  • 00:01

まさにそうですね・・・。

カモノハシちゃんは明日がライヴですね。
ダメになっちゃったこちらの分まで、頑張って良いステージにして下さい (^-^)
  • 2011⁄03⁄13(日)
  • 00:40

うちの方は

ホントにたいした被害がなく幸いでした。
近所のスーパー等も
品薄ながら普通に営業しています。
従業員の方も色々不安だろうに、普段通り働いて下さって
本当に有り難い限りです。

ライフラインは健在です。
お風呂にも入れます。
でも
湯舟のゆらゆらが怖くて浸かって居られません。

夜 暗くなるのも今はイヤです。
布団に入ると
車の通る振動にさえドキドキします。

『当たり前』の有り難さ
『当たり前』の怖さ

今 身をもって学んでます。
  • 2011⁄03⁄13(日)
  • 06:20

大したこと無くて

何よりでした
家族や食べ物、ライフラインも周りにあって当たり前なのに、一瞬にしてそれが全部街ごと無くなるんだもんね…。
こういう惨事はあって欲しくはないんだけど、無けりゃ無いで人間ってやつはすぐ考える事すらやめちゃうんだよなぁ
暫くは余震も夜も怖いだろけど、気を付けて頑張ってね
  • 2011⁄03⁄13(日)
  • 14:13

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/23-fb08cf35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。