スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

喜怒哀楽の日々

先週末の金曜日、大阪は岸和田で 我がアルカディアが震災復興支援ライヴを敢行しました
実はこのライヴ、南大阪を新たな展開のフィールドに選んでの定期公演だったのですが・・・決まる直前に あの東北大震災が
吹き荒れる自粛風の中 実施にも微妙な選択を迫られることになってしまいましたが、やはり妙な風潮に押されて中止にした処で 誰にとっても何の解決にもなりはしません☆
―――という訳で、仮にも復興支援の看板付きになるのなら 義援金も出来るだけ沢山集めてやるとばかりに、普段より張り切って宣伝営業に走り回っていた次第ですが・・・。
その甲斐あってか今回は 有難いことに普段より沢山のご賛同を頂き、早々とSOLDOUTの声まで聞く事が出来ました

以前記事にも書きましたが、「震災復興支援チャリティー」 のタイトルは 僕にとってそれほど軽いものではありません。
自分の生活すら危ういレベルの人間が行う支援の必要性や チャリティーという言葉の概念、そして目的や理念がどうであれ 形あるものには通常通り発生する経費の矛盾と不公平感・・・。
色々なことが頭をかすめ 演奏家としての立ち位置に悩みながらも、震災発生直後から様々なイベントに参加し 寄付を送り続けてきました。   
世間の先入観や理不尽さと闘い、演奏家の権利を主張し続ける拳も 勿論降ろしてしまう訳にはゆきませんが、より多くの大切なものを失い 「それどころではない」 生活を余儀なくされている方が大勢いらっしゃるというのも、また現実。
人を集め協力を呼びかけてゆくのにも 核となるものが必要なのだし、志を同じくする全ての人が その立場に立てる訳ではないとしたら・・・
不安や疑問を感じる事は尽きないとしても、やはりその役目は 少しでも可能な人間が果たして行かなくてはならないものなのでしょうね。

そんな様々な想いも孕みつつ 迎えた当日でしたが・・・岸和田の財閥、岸紡が所有していた昭和初期の洋館 『自泉会館』 は、 席の間隔とメンバーの入りハケ導線にも苦心する程の満席大盛況
吟味を重ねた曲のラインナップにも お客様方の熱いご声援と反応を頂き、モヤモヤなどいっぺんに何処ぞへ吹っ飛んでしまいました
単純と言やぁまさにそうなんですが、やはり根っからの舞台人は 舞台で水を得て甦るように出来ているらしいです

さて、出演料は勿論のこと 音響機材・安い会場探しなど、削れる所は全て削って集めさせて頂いた 有難い義援金の送り先ですが・・・
史上最高額で集まっているらしい募金も、今だに役所が機能していない所や 被害の全てが把握しきれていない地方では、配分が判らず止まったままになっているらしいですね★
本当に役立つ形で、必要な場所に早く確実に届ける方策も 良く吟味して考えなければ・・・
と、悩みつつ ふとネットニュースを見ると

「義援金ランキング」?・・・な、何ですとぉ???

『有名な海外スターの誰それが何千万出したのは見直した』
『あの一流企業の社長が何億円寄付したのは凄い』
『世界に名前が売れている人なのに 何百万なのにはガッカリした』
『あれだけテレビに出て儲けているタレントが 一銭も出していないのはどういうわけだ』

・・・く、下らな過ぎる あまりにも。
こんなものがネット上を賑わせていること自体、憤りを通り越して 情けなくなってしまいます。
金額なんてものが 一体何だって言うんでしょうか
それじゃ、別の形で積極的に協力している人や 名乗らずに寄付を続けている人はどうなるんでしょう?
月収15万の人間が5万円を送るより 年棒何億も貰ってる人が6万円送るほうが偉いってことですか??
そりゃ確かに僕だって、自分を励ます為の喜ばしい成果として 「何十万を超えました」 とか書いてましたが・・・もう金額に触れるのはやめます★
こんなランキングを わざわざまとめて発表する側も、それを評して一喜一憂している側も・・・どうかしてますね
日本って―――こんな国でしたっけ。。。






スポンサーサイト
category
仕事・舞台

Comment

きっといつの日か

今日はありがとうございました。

私も今回の震災では現地で生の声を沢山聞くことが出来ました。

フォルクローレ始め太鼓もそろそろ頑張っている被災地につかの間の心の安らぎをって考えています。

そのときが来たら応援してください。

今は自分たちが出来ることを少しでも行動にしていきます。

いつの日かきっと被災地に演奏に行くことを心に誓っています。

また相談にのってください・・・

いつもありがとうございます
  • 2011⁄05⁄27(金)
  • 00:25
  • [edit]

有難うございます☆

被災地の声を直接聞かれ、必要な物資を確実にご自身で届けに行かれているお姿には いつも頭が下がります
物資だけでなく、我々には届けられる「音」がありますもんね
そのうち是非、ご一緒したいと思って居ります。
  • 2011⁄05⁄27(金)
  • 15:11

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/36-ba2d235e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。