スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

国旗を考える

先日大阪では 橋下徹さん率いる『大阪維新の会』が、式典に於ける国歌斉唱の際 教職員の起立を義務付ける条例案を可決したばかり。
もちろん「君が代」の選曲そのものからして まだまだ賛否両論渦巻く中ではありますが・・・。
これは 党の方針に従わない議員が罷免されるのと同じで、公職であるからには ある意味当然の決定でしょうね。
押し付けだと反対するなら、モヒカン頭でヘビメタしか聴かせない音楽の先生や 制服を着用せずに授業をボイコットする生徒が居たとしても 全て『個人の自由』??
必要最低限の線引きもせず、思想の自由というものをはき違えると、社会はただのカオスになってしまいます。

条例の中には、国旗である日の丸の 公的施設での常時掲揚などの項目も含まれています。
新興独立国家でもあるまいし、国旗と国歌について これだけモメている国ってのも 世界的に少ないんじゃないでしょうか?
確かに第二次世界大戦のさ中、ファシズム路線を突っ走っていた 大日本帝国の面影を引きずるものとして、アジア各国でも 少なからず嫌われているのは確かなようです。
今だに ワールドカップなどでも 「会場で旭日旗が掲げられていた」 などと噛み付く外国メディアがあるくらい。(実は単なる 朝日新聞の広告フラッグだったに過ぎないのですが
しかしそれを受けて、イメージが悪い ⇒ 国旗を変えればいい、というのは ちょっと短絡的に過ぎやしませんか?
ここで何故、『イメージが悪い ⇒ 迷惑をかけた国々のためにも、頑張って国のイメージを変えてゆこう』 とならないんでしょうか。
国歌を捨て 国旗を刷新した処で、金にあかせて外国の施設を買い漁ったり 国内の環境を守ると称して アジアの原生林を伐採したりしていては 結局同じことです。

連結画像-2

左は御存知ヒノマル、正式には「日章旗」といいます。
古くは大陸との交易などに活躍した“朱印船”の旗印としても使われた、歴史あるデザインですね。
右は「旭日旗」―――言わずと知れた大日本帝国軍のマークであり、最近では極右翼や暴走族などにも多用された経緯もありますので こちらの方がちょっとイメージも悪いかと
でも、国際的な人道支援や水際での国家防衛、東北の震災でもわが身を省みず危険な作業を続けている 日本の自衛隊・・・彼らが誇りを持って掲げる旗印は、今でもこの旭日旗なんです。
どちらも世界で一番早く夜明けを迎える位置にある 「陽出ずる国」 を端的に象徴していて、万国旗の中にあっても 非常に目立つ独創的な色とデザイン・・・個人的には とても好きな旗です
やっぱり大切なのは 反省すべき点は反省し、この旗のマイナスイメージを払拭して 国際的にも本当に尊敬される 立派な国家になることの方なんじゃないのかなぁ、と思うんですが・・・。
その意味では、ナチスのハーケンクロイツと並び称されることには やはりちょっと抵抗がありますね。

世界の国々 約200カ国の中で、日本の旗に似ている国旗を持つ国が 実は3つあります。

連結画像-1

左上はその昔 「東パキスタン」 と称していたバングラデシュ、右上は南洋の楽園パラオ。
どちらも日本とは古い関わりを持つ国ですが、独立に当たって 日本のパワーや恩恵に敬意を表し、このような国旗に制定したと言われています。
第二次大戦中、パラオに日本軍が進駐していたことの是非はともかく・・・当時の日本は現地の経済的発展にも 大きく寄与したんですね。
大戦末期には 「友人なのだから 我々も戦闘に参加する」 と申し出たパラオの人々を遠ざけ、日本人だけで玉砕していったという記録も残っています。
もちろん他の地域では理不尽な占領や 戦時ゆえに殺戮も行われたでしょうし、それを正当化するつもりまではありませんが・・・。
そういう、プラスのイメージにだって これからも変えてゆける筈じゃないか、という話です
下の旗は最近話題にもなりましたし、ニュースなどで御存知の方も多いはず・・・チベットの国旗ですね。
チベットも同じく 古くから日本とは親しい外交を続け、大戦中も連合国の補給ルートにされるのを断るなど 親日の立場を貫いていました。
(開戦前夜には、ABCDラインの経済封鎖で困窮していた日本に 大量の羊毛を支援輸送してくれた経緯もあります)
それ故 参戦もしていないのに敗戦国の扱いを受けることになり、中国からもずっと嫌がらせを受ける羽目になる訳で・・・日本人気質からすれば もっと恩義に感じて、対中国政府の保護調停にも 本格的に乗り出すべきだと思うんですけどね。
国旗にも日本に対する憧れと尊敬の念が表されていて、実際デザインの制定に当たっては ダライ・ラマ13世と親交の深かった日本人僧侶が関わっているそうです。

歯止めの効かなかったファシズムを反省し、戦後世界の奇跡と言われる復興を遂げた日本。
アメリカ帝国主義の走狗と揶揄されながらも、この国が国際社会で成してきた役割は 決して恥ずべきものなどではありません。
アフリカの未開発地域で、中東の難民キャンプで、アジアの被災地で、支援の手に翻っていた旭日旗―――これをもっと みんなが誇りに思ってもいいような気がするんです。
日本を愛し 尊敬してくれている国の人々が、日本人によって否定される今の日の丸を見たら・・・さぞや悲しむでしょうね 
スポンサーサイト
category
文化・歴史

Comment

その通りだと思います

このまんま転載させて下さい…ってどうするんだろーか。勉強します。
  • 2011⁄06⁄07(火)
  • 22:44

いつでもど~ぞ (^-^)

なんだけど・・・方法に関しては こっちもよく解らんのe-263e-454
PCなら色々あるんだけどe-190

  • 2011⁄06⁄08(水)
  • 02:36

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/38-c17eeec8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。