スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

福島へ来てます~ (^-^)

 
久々のモバイル投稿ですね・・・ちょっとやり方も忘れてたりして(^^;)
 
昨夜の10時ぐらいに家を出て、高速をひた走ってきました
途中休み休みだったのもあったのですが、結局こちらに着いたのが今朝の9時40分。
いや~、流石に遠い・・・車だとほぼ12時間かかるんですね
ひと昔前なら列車でも東京まで同じ位かかった訳なんでしょうけど、今どき連絡が良ければメキシコあたりまで行けちゃうという呆れた長さであります
 
実は明日、福島からローカル線で30分ほど北西へ入った処にある 『飯坂温泉パルセ』 で、大規模な “復興太鼓祭り” があるんです


120317_1632~01


ちょうど一年前の3月、僕もここへ来て演奏をする筈でした。
11日は淡路島のウェスティンホテルでパーティー仕事があり、終わってからそのまま福島まで走る事になっていたのですが・・・街中に響き渡る津波警報に、ナニゴトが起きたのかも長時間把握できないまま 出発も出来ずに居ました。
現地との連絡を取ろうとしていた我々の前にあったテレビモニターに映し出しされたのは、まだほんの一部でしたが 画面一杯に溢れかえる濁流のライブ映像
当然フェスティバルは中止になり、主催者の安否すら不明のまま  現地に近づく事すら出来ませんでした。
大地震が来るのが一日早ければ間違いなく巻き込まれていましたし、幾度となく訪れた日本最大のフォルクローレ音楽祭 『コスキン』 が毎年開催されているのも  そこから程近い川俣町・・・。
とても他人事とは思えません (-_-;)
 
ようやく一年後、こうして来る事が出来た訳ですが・・・泊まっている宿の裏山も広範囲に崩れたらしいですし、旅行者の減少からでしょうか  駅前だというのに閉鎖されて廃墟となっている宿も目立っています。
この辺はまだ海から遠く地盤も固いため 随分マシだったとは聞きましたが、会場となっているパルセ飯坂も  ずっと避難所として使用されていたようです。
それを考えると、僅か一年でフェスティバルを復活させたパワーも凄いものがありますよね
やはり我々も含め、辛うじてでも被害の外に居て元気に動ける人々は  出来る事で頑張っていかないと!!
という訳で、明日はやっと演奏で想いを届ける事ができそうです。
もちろん演奏料も全額寄付
それに先立って、今日はリハーサルが終わってから福島の行政中心部へ 橋本の義援金を届けに行って来ました。
しかし残念なことに、この土曜と日曜しか居られませんので・・・県庁や市役所はお休みなんですよね~
ここまで来て諦められるかぃと考えた挙げ句、福島市内で一番大きな新聞社である 『福島民報』 の義援金窓口へ直接お持ちすることにしました。
福島民報さんは明日のフェスティバルにも協賛されているので、ちょうど良かったかな
 
応対して下さった記者の方に色々いきさつを訊かれたり、写真まで撮られたりと少々恥ずかしかったですが (^.^;)
3月11日にお預かりした皆さんの想い、ちゃんとお届けしてきました
今日はご報告まで。
 
 
スポンサーサイト
category
仕事・舞台

Comment

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/66-2ae3ffde

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。