スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ハカランダ

そろそろ桜も各地で満開を迎える季節ですね (^-^)
昨日の爆弾低気圧は家の周辺でも とんでもないコトになってましたが・・・
突然の雷鳴と雹混じりの豪雨が 屋根や地表に叩きつける凄まじい音、瀧のような勢いに 立ち込める水煙。
それを竜巻みたいな暴風が巻き上げるんですから、暫くは辺り一面 真っ白で何も見えない状態でした

お陰で上の神社から 折れた太い木の枝は飛んでくるわ、表札代わりの常夜灯は飛ばされてバラバラになるわ★
季節の風情を感じて 『春の嵐』 と呼ぶには、余りに理不尽で乱暴な道行きでしたね
昔の人が 「竜神様が通らっしゃった」 と騒いだのも納得できるような・・・。
桜も何とか無事だったようですが、咲き切っていたら ひとたまりもなく吹き飛ばされていたでしょうね。

南米にも 桜と同じように季節を知らせ、公園や街を華やかに彩る樹として 昔から愛されているものがあります。

Jacaranda.jpg

ハカランダ(Jacaranda)―――アルゼンチン原産、ノウゼンカズラ科の亜熱帯木です。
何世紀も前から 高級ギターやリュートの表面版に使われているので、最初に名前を聞いたのはそこからなんですが・・・
どうやらあちらはマメ科で、植物としては全くの別種らしいです。
う~む、だったら何で同じ名前がついてるんだろーか?  
どなたか御存知でしたら また教えて下さい (^^;)

チリやボリビア南部、ブラジル、メキシコなどでも見られる花ですが、ハワイ桜という名前もありますから 世界的にもかなり広く分布しているようです。
数年前 オーストラリアのブリスベンで松村組の公演があった時には、会場の近くでも満開でした
花が散り始めると こんな風に街中の道が薄紫に染まって、夕暮れ時なんかには 何とも言えない風情があるんですよね~。
景色としての懐かしさも勿論ありますが 実はこの見事な薄紫というか藤色、昔から僕の一番好きな色なんです
日本の桜も楚々とした美しさで大好きですけど、こちらは何か気分が浮き立つような華やかさですね。
そう言えば去年だったかな、真矢みきさんが出演していた何かのCMのバック一面が 見事なハカランダで、しばし見とれてしまいました

遠目には色こそ違え よく似た感じに見えますが・・・ハカランダは大木になると桜の数倍、30m近い高木になることもあります。
花も近くで見るとかなり大柄で 長さ10cm以上はあるでしょうか、こんな感じでかなりの迫力です。

img_741737_23917045_1.jpg

形が桐の花にも似ているので、キリモドキとか呼ばれることもあるようですが・・・何か失礼な名前だと思うなぁ
スペイン語ではJをハヒフヘホで読むのが正しく、英語圏の人間が “ジャカランダ” と呼ぶのも 何やら気持ち悪くていけません (-.-;)
色んな想い出のある 南アメリカの桜、ハカランダ・・・あ~、また見に行きたいなぁ
スポンサーサイト
category
自然・季節

Comment

Jacareí

って都市名@ブラジルとは何か関係あるのかしら。。

でも、ブラジリアンローズウッドの原産地は
『バイーア州の東の森からリオデジャネイロ市までである。』
って書いてあるなぁ。うーむ、リオからもうちょい西っぽい。

『紫檀』の『紫』つながりで…とか?


無知は無知なりに考えてみるのだ(^◇^)
『三人寄ってもモンチッチの知恵』クラスですがw
  • 2012⁄04⁄06(金)
  • 10:15

どーでしょ☆

ハカランダはブラジル原産、って書かれた本もあるみたいだから・・・関係あるかもね~。
たぶんそれも、同名異木から来るややこしさなんだと思うけどe-263
ブラジリアンローズウッド=表面版に使う方のハカランダ、ってコトなんじゃないかなe-351

あ・・・今気付いたけど、ブラジル語なら発音は「ジャカランダ」になるかも。
だったら花の綺麗な方はアルゼンチン産のハカランダ、家具やギターはブラジル産のジャカランダで解決だっe-319
―――ホンマかな (^^;)
  • 2012⁄04⁄07(土)
  • 02:19

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/68-7eb139c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。