スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

まだまだ爆走中

北海道ツアーも10日目、9つのホール公演と2つのライブに各地でのワークショップを含めた全行程も ようやく終盤に近づきました
あとひとつ 明日の室蘭コンサートが千秋楽、ということになります。
まだまだ知名度も低い土地ですし 何処も満員御礼、という訳にはいきませんでしたが・・・来年からの企画に向けての布石として、聴いて頂いた方々からは 有難くも大きな反響を頂くことが出来ました。
新たに立ち上げる北海道ファンクラブの申し込みは、何と既に130人を超える勢いです

もともと北海道は和太鼓の盛んな土地ですが、不思議なことに篠笛などのメロディーを入れたチームは殆ど見かけないんですね
でも今回松村組の音楽を聴いて、改めて『笛が入ると一気に世界が広がっていいですねぇ、うちも頑張って入れたいです』とあちこちで感想を頂けたのも 僕にとっては嬉しい成果でした。

只でさえ広い北海道ですから、土地柄も含めて 毎日実に様々な会場やシチュエーションに対応しなければならない事になるんですが・・・時には別の意味で“予期しない”事態に直面することもあります。

何日目だったか、とある古い会館が本番の場所になった時 リハーサル直前に僕とメンバーの女性だけが妙なことに気付きました。
舞台下の倉庫から上手の袖にかけて、どうも線香の匂いがする・・・しかも、どんどん強くなってくるんです。
おかしいな~と思って調べてみたらその部屋、普段は町内のお通夜とか お葬式にも使われてる部屋だったんですね
まぁそういう事は昔からあったでしょうし、特に不浄だとか いけないという訳でもないんですけど・・・

僕は別にそれ以上のものを感じることもなく 平気で準備を進めていましたが、一番敏感で影響を受けやすいそのメンバーはひどい頭痛がし始め 気分が悪くなってしまいました
本番直前だし 他の一般太鼓チームの人達も沢山出演するステージでしたので、何も無いに越した事はありません。
そちら方面にちょっと敏感な他のスタッフも、舞台の袖で白い人影のようなものを見ていたらしいので・・・客入れの前に一人になれる時間を無理言って作って貰い、持参していた磐笛「天籟」で 気になる“場”のお清めをさせて貰うことにしました。

その後どうやらタチが悪いのは落ち着いてくれたらしく、メンバーの頭痛も回復しましたけど・・・本番の演奏中、うしろから誰かに 髪の毛を引っ張られるという目に遭ったそうです
まぁそれは、気付いて欲しいだけの単なるイタズラみたいなもんでしょうけどね
その程度で済んで良かった―――まぁ音に携わっていると、時には色々とその手の現象も起こるもんです

奉納演奏以外で、全く一人での『音によるお清め』をするというのも初めてのことでしたが・・・やっぱり一応やっといて良かったかな★
『天籟』は奏者の僕を常に護り 導くものだと先達から教わりましたが、段々頼れる相棒になってきてくれているようです
スポンサーサイト
category
仕事・舞台

Comment

渡部さん、長いコンサートツアーお疲れ様です!

ちょっと背筋が寒くなるお話ですね…。

でも磐笛が、すごく不思議な力を持っていることに驚かされました。

時々ブログに登場していた磐笛ですが、実際に見たことも音色を聴いたこともないので、とても興味があります。

きっと、どこでもやたらと吹いてはいけないんでしょうけれど、機会があれば、是非聴きたいです。

素晴らしい相棒に巡り会われて、本当に良かったですね!

メンバーの方も、何とか本番の舞台に立てて良かったです。

髪を引っ張られたというのには、ビックリしましたが…(・・;)。

どうぞ、気をつけて帰って来て下さいね!!
  • 2012⁄07⁄08(日)
  • 00:37

頑張ります~☆

お家に帰るまでが遠足ですからね(それにしちゃ遠過ぎるか ^^;)

磐笛の音色はメロディーがある訳でもありませんし、たぶん一番純粋な「音霊」に近いという事なんでしょうね。
ただ、聴く人によってどういう作用があるのかまでは 僕も把みきれていないんです
場を清めたりアルファ波を増大させたり…それで一気に浄化されて涙を流される方も多く居る一方、頭痛のモトになってしまう可能性も100%否定はしきれませんので…安易な演奏は出来ませんよね
でもそのうち必ず、磐笛を含めて 普段決して聴くことの出来ない様々な力を持った笛のライブを企画したいと思っています
  • 2012⁄07⁄08(日)
  • 01:20

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/76-23efb4a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。