スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

ツアー終了☆

今までで最長、二週間に及んだ北海道コンサートツアーも ようやく大団円を迎えました
長かったアラブ諸国の公演やドイツ国際音楽祭の時でも 一週間でしたから・・・衣装や楽器も含めて荷物が一番多いのは勿論、連日何100kmも移動しては舞台を組み立て またバラしの繰り返しはまさにキャラバン

和太鼓の連中に比べたら ケーナ担当の僕がステージで消費する体力なんて知れてますし、旅公演にしてもその昔 学校公演専門のグループで 日本中全県を回った経験もありますから、割と平気なんですが・・・
朝早くに宿を出て会場に入り、設営リハーサル本番撤収懇親会移動という毎日ですから お土産どころか、必要な物を買いに行く時間すら無い状態
温泉地などの宿によっては メンバーと相部屋の雑魚寝状態になったりするので、唯一のプライベートタイムすら消えてしまいます。
アイヌの口琴・ムックリすら買えなかったのが一番残念ですけど・・・やはり自由時間が全く無いのは 辛い処ですね~ (-.-;)

そんなこんなで迎えたツアー最終地、昨日の室蘭・千秋楽公演には、北海道各地のコンサートで一緒に演った太鼓チームが 一同に集結しました
その数全13団体、出演者だけでも何と200人近くという とんでもないスケール (^^;)
それぞれのチームが使う楽器だけでも えらいことになってる所へもって、北海道で一番デカいという大太鼓 「カムイ」 まで舞台に登場するんですから そりゃタイヘンです




コイツが滅多に見られない伝説の大太鼓、「カムイ」 です。
あまりのデカさと重さに、専用のクレーンまで備えているという 超弩級のシロモノ。
アイヌ語で神様のことですが、その名の通り楽器と言うよりは まるでひとつの生命体のような神々しい存在感を持っています
普通の大太鼓なら 音は「ドーン」ぐらいで表現されますけど、コイツを力一杯叩くと「ゴゴ~ン」という まるで遠雷のような響きがします。
まぁ・・・ちょっと古めの会館なら、舞台に上げるなんて 怖くてとても出来たもんじゃないでしょうね~★




横に立っているのが 松村組で一番の長身、190幾つある“ケンちゃん”こと政本健一・・・そのデカさがちょっとは伝わるでしょうか。
因みに、奥に見えるのが いつも6人がかりで持ち上げる松村組の大太鼓です。  ちっちゃ
多少の遠近法はあるにしても、まるで大老と孫、って感じですね。。。

リハーサルも終わり これからいよいよ本番、という最悪タイミングで 音響に深刻なトラブルが発生しました。
僕のケーナに装着されている“アイソマックス”という 超高感度マイクがダウン、急に何の反応も示さなくなってしまったんです
代替品も無いし 第一もう開演時刻まで間もない・・・仕方なくチャランゴ用のマイクを転用して 他のマイクも新たにセッティングしましたが、サウンドチェックも出来ずそのまま本番突入
これには僕も音響さんもかなり慌てましたが、いくら繊細なマイクといっても よほど強い衝撃を与えたりしない限り 通常では考えられない事態でした。
もしかすると、本番直前に至近距離で鳴らされた カムイの衝撃波に耐え切れずぶっ壊れちゃったのかも
う~む、カムイ恐るべし

実は 今回のツアー全工程には、撮影隊がずっと同行していたんです。
各地のステージは勿論のこと、ほんの数十分でしたが唯一行くことの出来た 函館の夜景やアイヌ村の観光場面、時には食事や楽屋風景まで写してました。
まさか着替えの場面まで収録されるとは思いませんけど、この全てはDVDにして売り出す魂胆らしいです (^^;)
カムイ演奏の迫力ある映像もありますし、旅の様子も良く判って なかなか面白いものになりそうですね
発売の時期などはまだ未定ですが、松村組のHPでも買える筈ですので また是非チェックしてみてください

オマケの画像は室蘭千秋楽のポスター。
北海道各地に同じデザインのものが貼られましたが・・・あちこちで プロレスの興行ポスターとよく間違われたそうです

120708_0958~01

まぁ・・・やむをえんかな (^^;)
スポンサーサイト
category
仕事・舞台

Comment

北海道公演の様子がとってもよくわかる内容で、楽しく読ませて頂きました♪

いろいろとハプニングがあったのですね…。

カムイの音、どんな音なんでしょう?

初めて聴いたら、鳥肌が立つかもしれませんね!

それにしても、最後のオチ…お腹を抱えて爆笑しました。

確かに、そのようにも見えます!
ちょっとカッコいい衣装を着たプロレスラーですか?(笑)

北海道のご報告、楽しかったです!

もっともっと聞きたいです~♪
  • 2012⁄07⁄11(水)
  • 19:00

有難うございます♪

色々ありましたけど、やっぱりv-39霊騒ぎが一番印象に残ってますね。
実際、古いホールの楽屋なんかにはその手の話が多いですe-263

あのポスター、楽器が殆ど写ってないからそう見えるんでしょうね・・・大きな要因は真ん中のヒトだと思いますがe-454e-330
俺はちゃんと笛吹いてるのにな~★(吹き矢にでも見えたんでしょうか・・・思いっきり反則だし、それ ^^;)
  • 2012⁄07⁄11(水)
  • 20:32

遠雷か

地鳴りか
はたまた海鳴りか…。

全身がくまなく振動して
血行が良くなりそうな気がする(ぉぃ)

それにしてもスゴイ異種格闘技集団ですな(゚д゚)
  • 2012⁄07⁄11(水)
  • 22:24
  • [edit]

たしかに

どれにも聞こえる響きですなe-454
あの超低周波の凄さは、残念ながらDVDじゃあんまり伝わらないかも・・・
振動で血行が良くなるのは ゴーシュのセロぐらいにしといてほしいが(^^;)
その前にまたマイクと鼓膜がどうにかなるわ★

『異種格闘技集団』・・・んで、あのポスターなのか?
  • 2012⁄07⁄12(木)
  • 03:03

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/77-5dd146a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。