スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

雪のバレンタイン

この冬は極寒とも呼べる気温が続きましたが、ようやく梅の枝にも柔らかな花びらが‥‥
ナドと思ってたら、何じゃこりゃ~

雪のバレンタイン


昼過ぎから降りだした牡丹雪は一向に止む気配もなく、瞬く間に家の周りを雪国にしちゃいました
既に5cm以上は積もってますね‥‥。

母方の郷里は福井県ですので、子供の頃から年末年始の大雪は割と見慣れていました。
今よりずっと積雪量が多かった時代、雪降ろしも間に合わず 家の二階から出入りしなければならない程の年もあったんです
隣家すら見えない閉ざされた環境の中 何処へも出掛けられず、物音ひとつしない雪国の夜‥‥。
子供心になかなかの恐怖でもありましたが、そんな夜には窓からの仄かな灯りに照らされながら舞い落ちてくる牡丹雪を ずっと眺めているのが好きだったのを思い出します。

ひときわ寒い窓辺で、少し怖いのも我慢しながら真っ暗な雪空を見つめていると‥‥自分の身体が家と一緒に限りなく上空へと登ってゆくような錯覚に陥るんです
似たような事を、学校帰りの橋の上でもやってましたが‥‥☆
橋から流れる河面をじっと見つめ続けていると、まるで凄いスピードで進む巨大な船の先端で舵を取っているような気分になれるんですね

雪の日って見慣れた風景も一変するし、違う世界との境界線まで少し変わるような気がして 何か不思議です。
もしかしたら、普段都会では完全に忘れ去られている 人間と自然のせめぎ合いが目の前に現出するせいでもあるんでしょうか。
雪景色には 懐かしい子供の頃や、遠い風景までも思い出させる 何か不思議な力があるのかも知れませんね

スポンサーサイト
category
自然・季節

Comment

つい先日

手賀沼(ボートとかあるぐらい大きい)でやってきたトコロだ

水面を強い風が渡っていくのをじーーっと見ながら
帆船で大海原を進む気分を満喫

雪のエレベーターも、いまだにやるなぁwww
  • 2011⁄02⁄14(月)
  • 22:26

皆さん・・・

多かれ少なかれ、似たようなコトやってるみたいだね(^^;)
電車の端っこの席で、連結部の窓に映る逆映像を見ながら 停車の時に急加速する感覚をヒソカに楽しんでたり☆
あの非日常的な無料トリップ感、あながち子供っぽいとも言い切れませんです♪
  • 2011⁄02⁄15(火)
  • 00:35

Trackback

http://intiwatana.blog96.fc2.com/tb.php/8-d9eca1a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。